離れていても、共演できる〜ラ・ルーチェ弦楽八重奏団〜


こんにちは。

Todays Concert事務局です。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。


緊急事態宣言解除後もコロナ禍で3密(密閉・密集・密接)を避けるよう推奨される中、複数名でひとつの音楽を作り上げる合奏の現場にとってこれはただ事ではありません。


これまではアイコンタクトや息づかいで音を合わせていたのが、3密を避けるなると、それが出来なくなります。オーケストラ団員などによる多重録音演奏動画(それぞれの演奏家が個別で撮った動画をミキシングし、バーチャルで合奏させた演奏動画)がコロナを機にたくさん作成され、Youtubeで配信される一方、チームプレーがままならない「独奏」状態で「共演」し、一つの演奏作品として高いクオリティに仕上げるのは至難の技。そのため、生で聴くような音質や臨場感を感じられる多重録音演奏動画の数はとても少ない印象です。


そんな中、この度Todays Concertはあえて、次世代トップの弦楽演奏家が集結したラ・ルーチェ弦楽八重奏団(以後、ラ・ルーチェ)と、多重録音演奏動画に挑戦しました。若くてフレッシュなラ・ルーチェの確かな演奏技量とプロ意識、時空を超えた絶妙なチームワークによって、他にはないクオリティの多重録音演奏動画が完成しました。8名のメンバーのうち3名はドイツのベルリンとフランクフルトから参加。明日月曜日、6月1日の第3弾配信予定を前に、今日はその収録の様子をすこしだけ皆様にお届けしたいと思います!


ラ・ルーチェ弦楽八重奏団/La Luce String Octet

東京藝術大学4名と桐朋学園大学4名のメンバーによって2013年6月に結成されたラ・ルーチェ弦楽八重奏団は、国際的にもトップレベルの若手演奏家8名が集う新進気鋭の弦楽演奏グループ。メンバーひとりひとりが世界をまたにかけた演奏活動を行なっており、